船舶免許で動かせる船の大きさ

小型船舶免許は自動車免許を取得するよりも簡単

海を見ると大変気持ちが良いもので、ストレス解消のために季節を問わず訪れる方もたくさんおられます。しかし一般的に海を満喫するには、海水浴のシーズンでしか楽しめません。せっかくの海を四季のある日本では、夏だけしか楽しめないのはもったいないことです。小型船舶免許を取れば色々な船舶を操縦することができるので、季節を問わず楽しむことができます。

海はとても危険で、船を操縦するとなると難関のことだと感じる人も多いのではないでしょうか。複雑な操縦機器と波や風のことを考えると、怖くて危険と思ってしまいます。ですからその免許を取得するとなると、それ相当の期間が必要となり費用も高額になると感じ、諦めてしまうこともあります。みなさんが思ってっている以上に、とても簡単に小型船舶免許を取得することができるのです。

小型船舶免許には大きく分けると一級、二級、特殊というものがあります。一級と聞くとなんでも超難関なものと感じてしまいますが、スクールに通うと四日間の学科と実技で免許を取得することができます。小型船舶免許は国家資格なので、国家試験を受験して合格すれば免許を取得することができますが、スクールに通うことでも免許をもらうことができるのです。小型船舶免許はその他にも二級なら二日間、特殊なら1日半の学科と実技で免許を取得することができます。

それぞれ操縦できるものが違うので、目的に合わせて選んでください。水上バイク、釣り用のボート、そして海を無制限に操縦することができるので、海などを一年中満喫することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です