船舶免許で動かせる船の大きさ

小型船舶免許を考えたら種類を調べよう

船の操縦をしてみたいという人は多いかもしれません。釣りが好きなので、自分の船を使って釣りを楽しみたい人もいるでしょう。特に釣りが好きと言うわけではないけれど、船を操縦してみたいと言う人も多いでしょう。とにかく海が好きな人にとっては夢のような話かもしれません。

これから、小型船舶免許を取ろうと思っているのであれば、どんな種類があるのかから調べてみてください。船の大きさで種類が変わるような感じがするかもしれませんが、船の大きさではなく、どこまで操縦するのかがポイントです。小型船舶を操縦することには変わりないのですが、海岸からどれくらい離れたところまで操縦できるのかが変わります。1級小型船舶操縦士なら無制限です。

2級小型船舶操縦士の場合は、海岸から5海里離れた海で操縦できます。また、2級小型船舶操縦士の場合は湖川小出力限定があり、湖や川だけで操縦したい人向けです。水上オートバイを運転したい場合は、これらとは別の小型船舶免許をとる必要があります。船の大きさではなく、小型船舶免許はどこまで操縦するのかで違うことがわかりました。

太平洋横断と言うような大冒険をしたい人と湖や川だけを操縦したい人とでは違います。1級小型船舶操縦士を持っていればどこまでも操縦できるとも言えないので、細かいところまで確認しなくてはなりません。種類がこれだけありますし、いざ航海する時には細かいところまで確認した上で行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です