船舶免許で動かせる船の大きさ

小型船舶免許なら認定教習所でクリア

小型船舶免許を取得するには国家試験が必要というのが一般的な流れです。しかし実はそれ以外にも方法があります。それは国から認定を受けている教習所で規定の学科講習と実技講習を行い、修了審査に合格するという流れです。国家試験を受験する場合は、学科は自分で仕上げていく必要があります。

今はネットで問題なども取り寄せることが出来ますし、端末などでも簡単に勉強する事は出来ます。もちろん書籍等も出ていますので、そちらで勉強することも出来ます。そこまで難しいという事はないかもしれませんが、わからないところが出てきた時にすぐに質問出来るのが教習所の良い所です。それでも国家試験受験の方が費用を抑えるという事は出来ます。

何をとるかという事になるでしょう。国家試験の方が日程がかなり限定されていますので、その日に受験出来ないとなるとまた次になりますし、1回で合格出来なかった時にはさらに次へのびてしまうことになります。出来宇るだけサクッと取りたいという事であれば、認定されている教習所を利用する方が費用は少しかかりますが、効率が良いと言えるかもしれません。また水上バイクに乗りたい方は必見です。

水上バイクの場合は特殊小型船舶免許で、1級2級の小型船舶免許とは別です。そのためオプションで追加をするなり、別で撮り直すなどの方法をとることになります。この免許を取っていると水上バイクを乗りこなせるようになりますのでお勧めです。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です