窓の視線対策はどのように行うのか

コロナ禍の影響を受けたことにより、各種サービスの営業時間の短縮が進み、「おうち時間」が長くなったことによって、家での快適な過ごし方に気を遣うようになった方は多いものです。そして、自分自身だけではなく、周囲のご家庭でも気が付けば在宅時間が増えており、日中に家で過ごすのはいいけれど、人の気配が多くなったことから、窓の視線対策が気になり始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。日中も光を通すために窓を開けたいけれど防犯や視線対策の面からレースのカーテンを取り付けていても、通りから人に見えないのか気になるという方もいらっしゃるはずです。そのような方は「ミラーレスカーテン」で、視線対策を行ってはいかがでしょうか。

ミラーレスカーテンとは、カーテンの裏側が反射する加工になっているため、たとえ白地のカーテンであっても家の中が外から見えにくいという利点があります。そのため、日中の窓への視線対策としては薄手のカーテンでも十分ですが、夜でもできれば窓を開けたいという方は厚手のミラーレスカーテンにするとよいでしょう。家にいる時間が長くなったからこそ、防犯にも気を付けたいものです。そしてカーテンを付け替えるという視線対策は、窓にできる対策としてとても簡単で費用もそれほど掛からないため、おすすめです。

ほかにもブランドを付ける、ガラスにシートを貼るなどの対策方法もあるので、ご家庭にあった対策を取るとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です