船舶免許で動かせる船の大きさ

海の普通免許といわれる小型船舶免許について

小型船舶免許は、一級小型船舶操縦士免許・二級小型船舶操縦士免許・二級小型船舶操縦士免許(湖川小出力免許)・特殊小型船舶操縦士免許の4種類があります。1級は2級を持つ人が取得できる小型船舶免許で、この資格を持つと総トン数20トン未満のプレジャーボートは24m未満の範囲内の小型船舶を操縦できると同時に、6級海技士(機関)以上の資格を持つ人が同船しているときは外洋の海も操縦ができるので、かなり遠くまでマリンレジャーを楽しめるメリットがありますし、エンジン付きヨットなどで世界一周なども可能にしてくれる小型船舶免許です。18歳以上から取得が可能です。二級小型船舶操縦士は、海の普通免許といわれることがある小型船舶免許です。

この資格は湖川小出力免許と海で操縦できる2種類がありますので、申し込みなどをするときには注意が必要です。それぞれの水域専用の免許になるので湖でボートを操縦するのか、それとも湖や川などのフィールドでレジャーを楽しむのか、それぞれの目的で取得する免許が変わります。二級小型船舶操縦士の場合は、満16歳以上から取得ができるのですが、18歳の誕生日を迎えるまでの間は総トン数5トン限定の制限が付き、18歳になると自動的に制限が解除されます。なお、特殊小型船舶操縦士免許は水上バイク専用の小型船舶免許ですが、水上バイクの場合は湖や川、海などの水域における制限はありません。

ただし、場所により水上バイクが禁止されているところもあるので、そのような水域では走行はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です