船舶免許で動かせる船の大きさ

今取得しておきたい特殊小型船舶免許とは?

コロナかだったこともあり、外でのスポーツや趣味を持つ方が増えている傾向があります。その方が健康的ですし外に出るという事にまずは意味があります。さらにマイナスイオンを感じられる水辺というのもポイントですし、スピードや爽快感、そして刺激が強いというのも得られるのが水上バイクです。非日常的な体験でもありますし、まだ乗ったことがない方はぜひ体験してみてください。

沖縄などのスポットでは体験アクティビティが用意されていたりしますし、マリーナや湖などでもそれが出来る所もあります。後ろの座席であればだれでも乗れますし、体験できるコースでしたら前に乗るのはプロですので安心して任せることが出来ます。最初は後ろに乗るだけでも爽快ですが、自分でも操縦をしてみたいと思った時に必要になるのが小型船舶免許です。単なり小型船舶免許ではなく水上バイクの場合は、特殊小型船舶免許です。

1級2級の小型船舶免許とは別の免許になりますので、別にとらなくてはなりませんので注意が必要です。操縦方法は難しくありませんし、1時間半程度の講習でもすぐにのれるようになってしまいます。モータースクールにいくか、認定されている教習所を選ぶかの選択肢が挙げられます。国家試験免除の方法を取りたいのであれば、指定教習所で講習を受けて認定審査という流れがベストです。

合格率がかなり高いですし、もし修了審査で駄目だったとしても無料で再び挑戦することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です