相続のことなら弁護士に相談

誰もがいつかは死に、それと同時に発生するのが相続です。亡くなった人が残した財産を相続できる人は、民法で決められており、順位や割合に従って行います。相続人の間でもめごとが起きない場合は、税務署や市役所で相談して、既定の手続きを進めていけばいいでしょう。財産が多かったり、公平に分けたい、残された遺言書に不満があるなど、問題があるときは、法律の専門家の弁護士に相談した方が賢明でしょう。

弁護士は、相続人の間の交渉から調停や訴訟、必要な書類作成まで、全て対応してくれますので、任せて安心です。親戚内でいつまでも話し合いがつかず、ストレスが溜まる、不仲になってしまうなど、問題が解決されない例もあります。こうしたことが起きないためにも、弁護士に相談し円満に進めていくことが一番でしょう。トラブルが生じない場合でも、知らずに損をしてしまうことも多くあります。

また、各機関に提出しなければならない書類や解約手続きなど、煩雑な作業も多くあります。死亡者に財産が無いから関係ないと思っている人がいるかもしれませんが、借金があればそれを引き継ぐことになります。相続放棄をすれば、借金を背負うことがなくなりますが、3か月以内に手続きをしなければなりません。いつまでに何を手続きしなけらばいけないかなど、知らずに手遅れになって痛い目にあうこともあります。

こうしたことを避けるためにも、まずは弁護士に相談しましょう。税金控除を受けて、円満に終える方法ですよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です