相続の遺留分の割合は弁護士に判断してもらう

相続に関する疑問点は、実際にその手続きに参加すると良くわかるようになります。相続の権利は、財産を持っている人が亡くなった時点で与えられるものですが、実際に与えられたときにはまず法律に規定された割合分だけ与えられることになります。しかし、相続の状況によって自身の遺産の取り分が全くなくなってしまうこともあり得るのです。なぜそのような事態になるのかと言うと、相続の規定には遺言や遺贈と言った様々な制度があるからです。

特定の人間に対して亡くなった人の遺産を継承させる制度があるため、客観的には特定の人物の取り分がなくなってしまうこともあります。では、このようなときには正規の権利を持っている人は本当に全く遺産を手に入れることが出来なくなるのでしょうか。実は、そうではなく必要最低限の遺産は手に入れることが出来るようになっています。このような規定のことを遺留分と言います。

遺留分は、本来相続の権利を持っている人が手にする事が出来る最低限の遺産の取り分のことを言います。この取り分は、遺言や遺贈によっても無くすことができないため弁護士に相談をすればその取り分を遺すことが出来るのです。割合に関しては家族同士の話し合いも大切になりますが、弁護士が付いていれば安易な知識で騙されることもありません。遺留分はそれぞれの遺産の大きさによっても異なってくるため、正しい計算を行うためには専門的な知識を持った弁護士が必要になるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です