弁護士に相談する内容で意外と多いのが相続

弁護士というのは、色々なことを仕事にしているのですが、その中でも相談を受けるのも多いです。要するに具体的に行動するのではなく、困っていることを話してもらい、それに対する解決案を提示するのです。なにか行動しないといけないときは、別途の料金になります。それが着手金とか成功報酬とか呼ばれるものになります。

そうした相談の一つに相続関係があります。誰にいくら渡すべきか、ということではなく、単純にどうすれば法律的に認められる遺言書を書けるのかなどの話が多いです。もちろん、揉めそうなので、事前に手を打つ、という意味もありますので、財産があって、トラブルとなりそうなのであれば、基本的には弁護士に相談しておくのが無難なのです。そうすることによって、家内での争いを防げるようになりますから、とてもお勧めできるのは間違いないのですが、それでも注意したほうがよい点もあります。

それは意外とお金がかかることであり、さすがに弁護士に依頼するのですから、何万円、十何万円となります。相続の額と内容、そして、トラブル具合によっては、数十万円、ということもありえるのです。基本的には相続という法律行為はそんなに難しいわけではありませんし、粛々と進められるのであれば、十分に簡単にできるのですが、それでもお金がかかわってくるものですから、それで揉めるのです。弁護士を挟んでおけば、意外と揉め事は事前に回避できますから、メリットはあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です