弁護士に相談する相続での心配事は人それぞれ

私はファイナンシャルプランナーという仕事をしている関係上、金融商品の運用に関する相談に乗ったりやライフプラン作成のサポートをお客さんに提供しています。その相談現場ではしばしば老後の話しから、さらに進んで相続の話しにつながっていくことも多いです。相続関連の話しを中心に相談に乗らないといけない場合には、知り合いの弁護士と連携して仕事をすることにしています。ファイナンシャルプランナーという資格では法律相談業務はできず弁護士法違反になってしまいますので、そこは弁護士に登場してもらうというわけです。

その部分以外は、私が対応するという役割分担で相談業務を進めますが、相続についても同席していますのでお話は聞けます。その話を聞いていると、相続に関する悩み事は本当に人それぞれだなと思います。相続時に税金が安くなる金融資産の運用方法に焦点を当てて相談をされる人もいれば、延々と兄弟間の不仲を説明して絶対もめるから対策がいるという人もいます。また、遺産分割を含めた自身の死亡前後についてがんじがらめに計画を立てないと安心できないという人もいました。

この分野の相談業務における重要性がよく表れていると感じます。遺産分割等を考えなければいけないタイミングは感情面のコントロールも難しく、初めての手続きで戸惑うことも多いでしょう。そういった場合には、弁護士に限らす信頼できる人に相談をまずすることです。相談を受けた人が必要があれば弁護士等の専門家にコンタクトしてくれるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です