相続財産があるならば弁護士に

相続というのは、意外とそこそこの金額であっても揉めることがあります。家族のことですから、信用したいとは思うかもしれませんが、あくまでキチンと手続きの手配はしておいたほうが良いです。そのためにいるのが、弁護士という人たちです。要するに法曹家であり、日本でも最高の資格の一つといわれているものです。

実は日本は法律関係の資格がかなり細分化されており、それぞれに職分があるのですが、弁護士はすべてをカバーしているのです。つまりは、どんな法律行為でも代行できるわけであり、相続に関しても相談を受けて、そして、色々と行動をすることができます。具体的にいいますと遺言書の書き方を指導したり、或いはその内容を実行させるために公証人になったりすることができます。これがとてもメリットがあることであり、揉めそうな相続であろうとも弁護士が入ってきますと意外と話がスムーズに行くのです。

まず、そもそも無効な遺言書を書かせるようなことはありませんから、そこで問題をクリアできます。相続と言うのは、相手がいるわけですが、配偶者と直系卑属には遺留分があります。これは最低でもこの割合は渡すこと、という法律的な条件であり、意外とそれについてもよく理解していない人がいます。そうした条件をクリアしていれば、基本的には遺言書通りに話を進められます。

しかし、それを実行するのにはやはり権威が必要であり、それが弁護士という法律家であるわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です