相続関係の手続きを弁護士に

意外と相続というのは、面倒なことが多いのです。登記を変えたり、或いは、株券の所有者を変更したりとやることが多いです。また、税金の申告なんかもありますから、巨額の相続をするときにはそうしたことにも気をつけたほうが良いです。ですから、弁護士に相続に関する手続きを依頼しておくとよいです。

それで話は簡単に済みますから、お勧めできるのですが、それでもそれはお金がかかります。そのお金をかける価値があるのか、ということはよく考えるべきです。具体的にいいますと、特に揉めることがあるのであれば、やるメリットはあります。財産なんて何億円もあるわけではないので、そんなに揉めることはない、と思っている人がいるのですが、非常に甘い考えになります。

実は資産が数千万円でも揉めることが多い、というのがわかっているのです。ですから、基本的にはそのくらいでも弁護士に相談しておいたほうがよいです。ちなみに数千万円というのは、家一軒で十分に達する金額です。あまり意識していない人が多いのですが、現金のみが相続財産ではなく、家屋なども揉める原因になります。

特に分割できるものではありませんから、しっかりと分けようとしますと、どうしても現金化することになりますが、それでも確実に価値が目減りします。それでかなり揉める原因になるのが家屋であるわけです。しかし、それでも弁護士を入れることによって、いくらか解決方法が提案されたりしますから、まずは相談です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です