弁護士に相続関係の相談をすることについて

弁護士には色々な相談をすることができるのですが、その一つが相続であり、これが意外と備えておくべきものになります。何故かといいますと、そこそこの財産がありますと揉める可能性が高いからです。法定相続分というのは、殆ど決まっているのです。それに従うのであれば良いのですが、それが出来ない人も多いのです。

つまりは、取り分で揉める、ということです。これは確実に家の力を削ぐことになりますから、基本的にはしっかりと備えておいたほうが良いです。そうすることによって、かなり安心して相続させられるようになります。ちなみに故人の遺志が確実に反映させられるわけではないので、そこは注意したほうが良いです。

遺留分、というものがあり、それはクリアしておく必要があります。そうしたことも含めて、弁護士に相談をしたほうがよいのですが、そもそもしっかりと割り切れる可能性というのは少ないです。不動産とか債券とかなかなかすぐに現金化できない、或いはした場合、目減りするような財産の場合、わけるのが大変です。ですから、キチンと法定相続分で分けることは殆ど不可能に近い、ということがあります。

それで揉めることがありますから、そのあたりのことを弁護士に相談しておいて、そして、確実に実行してもらうのです。遺言書がしっかりとしており、そして、遺留分が確保されているのであれば、それは最早揉める要素がないのです。揉めることは無駄である、ということをしっかりと弁護士で示すのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です