離婚するなら、まずはじめに法律相談の利用を

性格の不一致や浮気、金銭のトラブルなどが原因となり、離婚に踏み切る人はたくさんいます。ただ離婚するともなれば感情のもつれもあり、なかなか円満に手続きが進むとは限りません。多くの場合、早く決着をつけたいという思いから、詳細な話し合いを省いてしまう傾向にありますので、離婚後に再度トラブルが発生するのも珍しいケースではありません。離婚する場合は慰謝料や養育費の支払いなど、さまざまな取り決めを交わすことが必要になります。

これらについて口約束だけにしてしまうと、あとで不払いなどのトラブルが発生しかねません。このような事態を避けるためには、弁護士に依頼して法的な効力を持つ取り決めを交わしてもらうのが有効です。専門家に仲介してもらうことで、冷静に話を進めることもできるうえ、離婚後のトラブルの種を事前に摘んでおくこともできるのです。そこで離婚を決意した段階で、まずは弁護士による法律相談をうけておきましょう。

離婚後にトラブルが起きないためにはどうすればよいか、あるいは離婚を拒否された場合にどうすればよいのかなど、気になることはすべてしっかり相談しておくことが大切です。そのうえで弁護士の力を借りたほうが良いと判断したのであれば、正式に依頼すればいいのです。ただし夫婦の関係と同様に、弁護士との相性も重要になります。ですから法律相談の最中に、自分と話が合うかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

もし相性が合わなそうであれば、別の事務所の法律相談を受けてみることも必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です