弁護士への法律相談などの費用の内訳

離婚、ドメスティック・バイオレンス、遺産相続、交通事故、医療ミスなど、平凡な暮らしのなかでも法律的なトラブルに巻き込まれる機会というのはそれほど少なくはありませんが、いざそのような機会に直面してしまうと、何も知識がないだけに当惑してしまうことも多いものです。このような場合には、弁護士のもとに法律相談に行き、その結果を受けて事件などの依頼を弁護士に対して行うということになりますが、それには相応の費用がかかります。こうした費用としては、事件の処理にあたって発生する実費としての弁護士の交通費、書類のコピー代などはもちろんですが、そのほかにも、法律相談料、着手金、報酬金などが必要とされています。法律相談料というのは、弁護士に対して法律相談をしたときに発生する費用であり、30分程度の初回市民法律相談であれば、5,000円から10,000円程度というのが相場となっています。

着手金は、事件を正式に依頼し、弁護士が引き受けたときに支払う費用であり、例えば訴訟であれば勝訴したか敗訴したかということにかかわらず、一定の費用を支払う必要があります。報酬金とは違って、もし敗訴になったとしても返還はされません。報酬金は、弁護士に依頼した事件が終わった場合に、いわゆる成功報酬として、その成功の度合に応じて支払うものです。着手金や報酬金については、事件の処理によって得られる経済的な利益の何パーセントかを指定していることが多く、事件の種類によってその金額にはかなりの開きがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です