離婚を考える人こそ真剣に法律相談を利用しましょう

離婚ぐらいで法律相談を受けるなんて大げさだと考える人も多いでしょう。しかし離婚はただ男女が別れるだけでは終わりません。夫婦で築き上げてきた財産の分配や子どもの親権、慰謝料の支払いや養育費など、きちんと取り決めを交わしておかなければ、あとでトラブルになりかねない要素が非常に多いのです。そもそも冷静な話し合いができる関係であれば、離婚にまで至っていなかったかもしれない二人が、これらの重要な案件を円満に解決に導くことができるでしょうか。

本来は離婚という状況こそ、弁護士などの専門家の力を要するものなのです。離婚に関する法律相談のテーマはさまざまです。離婚に応じてくれない場合だったり、親権の争いなどは、交渉がもつれてしまえば裁判所の関与が必要なところまで行きついてしまいます。また慰謝料や養育費の支払いなどは、滞ってしまえば離婚後の新しい人生にも大きな影響を与えてしまいます。

これらの案件はすべて法律のからむものです。離婚をスムーズにおこない、新たな門出を支障をきたさない状況で迎えるためには、多少の費用を支払ってでも弁護士に依頼するほうがメリットが大きい場合もあるでしょう。とはいえ、やはり弁護士に依頼するとなれば費用の面が心配です。各自治体や弁護士会が開催している無料の法律相談を利用するのも一つの方法ですが、司法制度改革により新たに設立された法テラスを利用するという方法もあります。

ここでは資力の少ない人向けに無料の法律相談もおこなっており、この法律相談を利用した人のうちで、さらに一定の条件を満たしている人は、弁護士費用の立て替え制度も利用できますので、費用面が心配な人には適しているでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です