円満な相続の実現には法律相談の利用を

相続にトラブルはつきものです。普段は人間関係に問題が無くても、不動産や預貯金などの財産がからんでくると話は違います。お互いの思惑がぶつかり、たとえ相続が終了しても、感情的なわだかまりが残ったままになることも少なくありません。このような事態を避けるためには、あらかじめ遺言書を作成しておくことが有効です。

ただし遺言書には一定の形式が求められており、その条件を満たしていない場合は遺言が無効になることもあります。ですから円満な相続を実現させるためには、法律の専門家である弁護士の力を借りたほうがいいでしょう。弁護士による法律相談は、基本的には有料です。もし相談料の支払いが億劫なのであれば、各自治体や弁護士会が開催している無料の法律相談会を利用するのも一つの方法です。

遺言書の作成を検討している人は、このような機会を利用して、有効な遺言書の作り方などを相談してみるといいでしょう。また相続財産の確定や分配について、トラブルが発生することが予想される場合には、その件についても法律相談の場で話を聞いてもらいましょう。弁護士の指示に基づく行動を事前におこなっていれば、相続時に余計なトラブルが起きるのをさけることができます。また遺言の執行を任せられる人がいない場合は、相続発生時からのさまざまな手続きや遺言の執行を弁護士に依頼することもできます。

弁護士に依頼すれば当事者だけの話し合いにならないため、円滑に交渉を進めることができるのも魅力です。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です