弁護士に相続関係の話を

弁護士に相続関係の話をしてもらうことが増えています。そうした相談件数が着実に増えているのですが、要するにそれを意識する人が多くなっているわけです。相続というのは、極めて面倒な法律行為です。何しろ、財産の委譲が行われるわけですから、様々な登録をし直す必要があるのです。

まして、それを複数人で分けるとなりますと揉めない方が珍しいのです。ですから、弁護士に相談しておいて、後で揉めないようにしっかりと決めておくとよいです。ちなみに勘違いしている人がいるのですが、遺言状が確実にすべてにおいて優先されるわけではないのです。遺族にはそれなりに権利があり、それは満たしていないと無効とはいいませんが、効力がフルに発揮されることがなくなります。

つまりは、それは遺留分というものであり、どんなことがあろうとというわけではないのですが、直系卑属と配偶者には財産の分割が義務になっています。例外がないわけではないのですが、普通は認められないので、それについて弁護士と話しておいたほうがよいです。それと財産というのは、確実に綺麗に割り切れるものではありませんから、そのあたりの配慮も必要になります。何々はいらない、ということを相続人自体が決められるわけではありませんから、あくまで譲り渡す側が決められるのですが、それでも揉めます。

限りなく揉める可能性が高いですから、弁護士に相談しておいて、しっかりと遺留分は確保された相続を決めておくのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です