遺産相続のトラブルは弁護士に相談を

遺産相続の問題は、一度トラブルになるとなかなか解決に向かうのが困難になる可能性が多いものです。その場合は、法律の専門の弁護士などに相談する事が有効的です。まず、遺産を相続する場合、財産を残して亡くなった被相続人が生前から遺言書を作成しているかの確認をする必要があります。遺言書が存在すれば、その内容が民法の規定より優先されます。

しかし、遺言書がない場合、相続人全員が話し合って分配法を決める、遺産分割協議を行います。全員が納得すれば、どのように分配しても構いませんし、弁護士に依頼する事もなく、スムーズに分配できる理想的なものです。しかし、相続する人数が少なければ、話し合いもスムーズにいきやすいものですが、人数が多くなればなる程、それぞれの意見が異なりなかなか、解決に結びつきません。その場合、裁判所に調停を申立てて、裁判所から選出された調停員の仲裁により解決する事も可能です。

調停は、あくまでも話し合いですので、お互いの意見が平行線のままで、解決しなければ、最終的には、審判官の判断に委ねます。特に遺産などに不動産、高価な美術品、骨董品などが含まれていたりすれば、問題も複雑化するものですし、逆に借金があれば、その借金も引き継ぐ事になります。法的に何も知識がなければ、法的に反し、特別な者だけが得をしたり、不利な状態の結果になってしまう事は少なくありません。そのような事にならない為にも、早めに弁護士などに相談し、安心して解決する事をお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です