弁護士が登場する相続の揉め事とは

誰かが亡くなると問題になるのは相続問題です。いまやその解決に何年も費やし、解決した後すっきりした気分でお金を受け取れればよいのですが、問題の多くは親族感でギクシャクしたり納得がいかない結果にモヤモヤしたりするようです。中でも弁護士を介しても問題が大きくなるのが人間関係であり、亡くなった人に子供たちがいてその子供同士が仲が悪い場合、弁護も困るような相続問題に発展するケースが多いようです。例えば長男と同居して介護など面倒を看てもらった人が亡くなるとします。

そのとき全く親の介護などせず親不孝をしていた次男が、親の死亡後に長男と同じような相続分を求めたりすると揉め事の発生となるわけです。親の面倒をみていた長男とすれば、次男と同じような金額で財産を分けるのは到底納得がいかないものであり、たとえ子供たちの仲が親が生きているときは良かったとしても、死亡後には骨肉の争いになってしまうことが多いのです。こうならない為にも、親としては生きている時から弁護士のアドバイスなどを参考にして財産の遺し方について遺言状を残すなど、一定の準備が必要になります。いまや相続問題は他人事ではありません。

亡くなってから弁護士に相談するより、生きている間にある程度の配慮をしておく必要があるのです。またこの他にも子供がいない夫婦でも親族が割り込んで来る問題や、未成年の子供が相続人でいるなどとした場合、素人では難しい問題であり弁護士のアドバイスを聞いて話を進めていく事になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です