相続に弁護士は必要か

相続とは、死亡によって、故人の住所によって開始され、個人の財産的地位を一定の身分関係にある相続人が引き継ぐことを言います。家族や身内にとっては、遺言や税金のことなどが現実問題となってのしかかり、そのときになって初めて重大なことだとわかる場合が多いのです。そのため一般の家庭においても、弁護士への相談が増えています。相続は、単に財産を分配するだけではなく、個人や相続人の気持ちが絡んできます。

そのため、揉めたり話し合いができなかったりといった事例が簡単に起こります。そういったとき、弁護士を挟んでいれば、法に基づいた解釈の下で中立な立場に立って交渉を進めてくれます。もしも話し合いが立ち行かず、裁判になった場合でも心強い存在です。裁判業務は弁護士の職務です。

また、自分の死後、家族を混乱させないためにも前もって遺言書を残しておくと良いでしょう。遺言書には民法で定められた規定があり、これを遵守していないと無効とみなされます。法律のプロである弁護士に相談の上で作成することで間違いなく作成でき、トラブルも防ぐことができます。また遺言の開封も、遺族が勝手に行ってはいけないという決まりがあります。

このように、相続には様々な法律が絡んでおり、決まり事がたくさん存在します。また、故人しか知らなかった財産が出てきたり、見知らぬ人の介入がある場合もあります。そういった場合も、弁護士に頼むことでスムーズに執り行うことができるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です