弁護士に相続の相談をしておいて

金持ちほど相続で揉めるというイメージがありますが、実は極端な金持ちではなく、家財を含めて、五千万円程度の財産の人が最も揉めることがデータとして判明しています。ですから、そのくらいの財産がある場合は、事前に弁護士に相談しておいたほうがよいです。まず、遺言書が絶対的に優先されるわけではない、ということは覚えておくとよいです。つまりは、遺留分というのがありますから、例外はありますが、基本的には相続人は法律で決められているのです。

そのあたりのことも含めて、弁護士に相談をするとよいですし、実は色々と裏技的な方法もあるのです。例えば、より多く渡したい人がいるならば、相続ではなく、贈与という形をとるのです。そうした方法であれば、多めに渡すことができるわけです。更に言えば、相続税の相談についても弁護士にすることができますから、そちらもお勧めできます。

どうしてもそれなりの金額になってしまうことがありますから、対策を講じるべきなのです。前述の贈与もかなりお勧めできる方法ですし、徐々に登記を変えていくのもよいです。様々な方法がありますから、弁護士に相談するとよいです。もちろん、合法的な方法ですから、それは安心してよいですから、それはよいのですか、あくまで損をしないような選択をしたほうがよいです。

無理をして、リスクをとってまでやるべきではないことも多いのです。あくまで利益があれば、やるようにするのです。最終選択は自分です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です