登記を担当した弁護士が相続の対応を引き継ぐ

日本国内で行われる相続の手続きには、亡くなった方の状況によって二つの手続きに分けることができます。一つは、日本人のために用意された相続の手続きを実行することです。弁護士は、日本人が日本国内で亡くなった時に依頼を受けることによってその手続きを代行することが可能です。この代行に関してはすべての手続きに関して行うことができるため、事前に相談をしておけば残された家族が手続きをすることはありません。

不動産やそれに伴う相続の登記には面倒な書類や手続きがあるため、すべてを一任する家族も少なくありません。もう一つの手続きは、日本国内で亡くなったのが日本国籍を持っていない外国人で手続きをするのに日本の法律が適用できない場合です。日本国内で相続の手続きを行うことができるのは、日本国内でその人が日本人だと認められているからに他なりません。日本国内で日本人と認められるためには、日本籍という籍をきちんと保有しておかなくてはいけないためこれがないときには外国人と同様に扱われます。

外国人の登記は渉外登記と言って家族で行うのではなく専門の弁護士が行わないと手続きがわからないようになっています。弁護士は、外国籍を持っている人が国内で亡くなった時にその確認と法律のあり方を調べなくてはいけないため、外国人が亡くなったときには必ず弁護士が対応することになるのです。場合によっては、その外国人が本籍としている国の大使館から必要な資料も受け取らなくてはいけないため、手続きを一任することが大事です。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です