相続における弁護士がサポートできる分野

以前に比べて相続への関心が高まっています。老後世代を迎える人口が増加したことや、相続税の改正が話題になったこと、さらには生前贈与をサポートする税制の特例がたくさんできてきたことなどが背景にあります。相続は民法や税法がからむものですので、弁護士のサポートが必要な場合が多いです。具体的には、遺言に関すること、遺産分割の対策、相続税や贈与税の節税、さらには財産価値が大きく税金や遺産分割に大きな影響を与える不動産、そして事業承継までからみます。

多くの課題が含まれますので専門家である弁護士の力を借りないと対策が打てない場合も多いのです。遺言に関しては、法的に有効な遺言書作成や遺言の執行を弁護士に依頼することができます。遺言には法的効力を持たない付言事項もありますが、法的拘束力を持つ記載事項としては遺産分割の指定があります。この分割指定をするためには、遺留分を侵害することなく、もめない遺産分割を目指すことが大切です。

さらに事業承継がからむ場合や節税を考える時には生命保険も含めた全体的な対策が必要になります。特に不動産の分野は、法的な規制事項も多いです。また、近年注目されている事項としては、海外にある遺産に関する税金や財産移転に関することがあります。一定金額以上の海外資産がある場合は国税局への資産明細提出義務が課されるなど、税務当局が目を光らせている分野でもあります。

確実な遺産相続対策を行うためにも専門家のサポート得て早めに対策を考えておくことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です