スノボー旅行で使うボードはほどほどの値段の商品から

現地でレンタルを利用することもできますが、スノボー旅行には自分専用のボードを持参したい人は多いです。

さまざまなスペック表示があるのもボードですが、最初から高額な板を買う必要はありません。スケジュール的にスノボー旅行ガマ直に迫っていたとしても、初めて購入する人などは特に、最高のボードを1回目で手に入れることは出来ないと知っておくことです。スペックの数字を見ながら購入商品を選びますから。重さに幅や長さなど多数のデータがあります。

自分に合う商品を、店員に相談しながら選びますが、実際に使って滑ってみないとわからない部分は多いです。2回目や3回目になってくると、自分に適したボードが何かわかってきます。だから初めてスノボー旅行へ行く初心者は、ほどほどのお値段のボードを選ぶほうが無難です。フリーライド用とフリースタイル用の2つが、大きく分けた時のボードの種類になります。

ビギナーや中級者がゲレンデで滑るのであれば、フリースタイル用を選ぶことです。キャンバーかロッカー化に分かれますが、これは板の反り形状で分かれます。真ん中の部分が上に剃っているのがキャンバーで、反対に反っているのがロッカーです。キャンバーは安定性があるところが魅力ですが、雪山のゲレンデを滑る時にはキャンバーを選んで問題はありません。新しい種類も登場をしていて、ミニキャンバーやダブルキャンバー、ゼロキャンバーにフラットロッカーなどもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *