夜行バスで富士急ハイランドへ

富士急ハイランドは富士山の北側の山麓にあたる富士吉田市および富士河口湖町にまたがる巨大な遊園地のひとつです。

40か所ほどのアトラクションのなかでも特にジェットコースターなどの絶叫マシンの数々が人気となっているほか、ファミリー向けのキャラクターを中心としたテーマパークも同じ敷地内にありますので、若者からお年寄りまでさまざまな年代の人が楽しむことができます。この富士急ハイランドに向かう手段もまたいろいろですが、大阪や京都などの遠隔地から出発する場合には、一般には新幹線または在来線特急を利用することになります。

繁忙期の場合ですと特に鉄道は運賃が高額となる上に、時間的な関係から現地に宿泊をしなければなりませんので、よけいに予算が必要となります。そこで富士急ハイランドへの夜行バスを利用して関西圏からごく低価格で移動するという方法も有効です。夜行バスは夜間に集合場所から出発し、高速道路を通って長距離を移動し、翌朝に現地に到着するものですが、夜行バスの車中泊で睡眠時間が確保されるため、ホテルなどの予約を必要としないというメリットがあります。

加えて夜間を移動の時間として活用できるため、他の交通機関で現地に向かう場合のように、日中を移動の時間についやして無駄にしてしまうこともありません。夜行バスの予約はバス会社に直接電話などでするほかにも、旅行代理店を通じて、あるいは専用のインターネットのサイトを通じて行う方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *