夜行バスで行く富士急ハイランド

富士急ハイランドは驚愕の高い加速度を誇るジェットコースターなどのさまざまなアトラクションを抱えており、国内でも特に人気の高いアミューズメントパークのひとつです。

ただし富士山の麓という立地ですので、ここに行くまでの移動手段を用意しておく必要があるといえます。もしも関西圏に住んでいる場合には、新幹線や飛行機はもちろん使えますが、乗り換えの手間がかかるほかに、料金的にも高くなってしまうのがネックです。そこで考えられるのが富士急ハイランドへ向かう夜行バスの利用です。夜行バスは文字通り夜間を通して高速道路をひたすら走って目的地に向かうバスですので、乗客は途中で車中泊をして仮眠をとることができます。

そのため現地のリゾートホテルなどに宿泊をする必要はありませんし、もともと夜行バスの運賃そのものが安いため、かなりのメリットが期待できます。出発地は京都や大阪があり、それぞれあらかじめ予約をしておくことが必要となります。

移動のための所要時間はどちらもおおむね8時間程度ですが、当日の混雑状況によっては若干の差が生じる可能性があります。富士急ハイランドの場合、こうした夜行バスと組み合わせたパッケージツアーもありますので、旅行代理店などに相談をすれば、さらに格安なチケットが手に入る場合があるほか、現地の宿泊についてもホテルのチケットが付いているものもありますので、さまざまな目的に活用することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *